操作

信受

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しん-じゅ

 教えを信じ領受するという意で、仏の救いに対して疑いなく信じることをいう。『小経』の最後には

「仏の所説を聞きて、歓喜し、信受して 」(小経 P.128)

と、説かれ、『高僧和讃』には、

弥陀の報土をねがふひと
 外儀のすがたはことなりと
 本願名号信受して
 寤寐にわするることなかれ (高僧 P.595)

とある。(浄土真宗辞典)

正受
信知
信順