信順

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

しんじゅん

 教えを信受し随順すること。「信巻」別序に、

ここに愚禿釈の親鸞、諸仏如来の真説に信順して、論家・釈家の宗義を披閲す。(信巻 P.209)

とある。
また、『愚禿鈔』には二河白道の譬喩によって、

「仰いで釈迦発遣して、(おし)へて西方に向かへたまふことを蒙る」といふは、なり。「また弥陀の悲心招喚したまふによる」といふは、なり。「いま二尊の(おんこころ)信順して、水火二河を顧みず、念々に(わす)るることなく、かの願力の道に乗ず」といへり。(愚禿下 P.539)

とあり、阿弥陀仏の直ちに来たれの招喚を信受することを「信」とし、釈尊の西方に向かへとの発遣に順うことを「順」とする。