修多羅

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

しゅたら

 親鸞聖人は『銘文』で浄土三部経のこととする。 (行巻 P.154,浄文 P.479,愚禿上 P.513)

 梵語スートラ(sūtra)の音写。ここは『大経』『観経』『小経』の浄土三部経を指す。 (願生偈 P .1445)


 梵語スートラ(sūtra)の音写。経と漢訳する。また経は常の意味で、真理の永遠不変のことをいう。またよく真理にかない、衆生(しゅじょう)の根機(こんき)にかなうから契経(かいきょう)とも漢訳する。→十二部経

 梵語スートラ (sūtra) の音写。 経のこと。 ここでは『大経』 等の経典の取意を指す。 (要集 P.1100)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。