出第五門

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

しゅつだいごもん

【左訓】「これはこれ五念門のうちに回向門なり、これは弥陀如来の利他の回向なり」(二種 P.723)

 出は利他教化に出ること。第五門とは五功徳門のなか、園林遊戯地門(おんりんゆげじもん)のこと。

 さとりの世界より迷いの世界に再びたちかえって、自由自在に衆生(しゅじょう)を救済することを楽しみとすることを出第五門という。→五種の功徳(ごしゅのくどく) (信巻 P.243, 証巻 P.313, 三経 P.629)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。