操作

唯信

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ゆいしん

 『交名牒(きょうみようちょう)』には、親鸞聖人の直弟子に唯信という名が二人あがっている。一人は常陸(ひたち)奥郡(おうぐん)(現在の茨城県の北部)、一人は会津に居住していた。そのほか、孫弟子として、常陸国鹿島の順信の弟子、下野(しもつけ)国(現在の栃木県)那須(なす)の信願の弟子にも唯信の名が見える。(消息 P.794)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

唯信仏語