操作

唯信独達

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ゆいしん-どくたつ。

無量寿経』には因位阿弥陀仏の根本の願である「第十八願」に、至心・信楽・欲生我国といふ三心が誓われている。この三心()を「信文類」の「三心字訓釈」に、

「弥陀如来、三心(おこ)したまふといへども、涅槃の真因はただ信心をもつてす」〔涅槃真因 唯以信心〕(信巻 P.229)

と、阿弥陀如来回向したまえる至心(智慧)と欲生(慈悲)を成一した信楽である信心(仏の信であるような信) が、涅槃(成仏) の真因である。→三一問答

この、(ただ) のみといふ特の法門に通された御開山法義を「唯信独達」といふ。
そのは「この至心はすなはちこれ至徳の尊号をそのとせるなり」 (信巻 P.232) といふ、南無阿弥陀仏(なんまんだぶ)であった。近世の浄土真宗では、称名を重視する鎮西浄土宗との差別化をはかるため信心を強調してきたのだが、御開山は主著を『顕浄土真実教行証文類』と教行証三法で顕されたのであり、(なんまんだぶと称える)「」を抜きにした浄土真宗はありえないのであった。
ただ、なんまんだぶと称えることが念仏成仏正因として領解することを、「信心正因」とも「唯信独達」ともいふのであった。
なんまんだぶ なんまんだぶ なんまんだぶ

信心正因
行信不離
三法
行信
三法立題
行信一念について