夫速欲離生死…

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ふそくよくりしょうじ…

 「それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛ちて、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして、選んで正定をもっぱらにすべし。正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに」(行巻訓)この文は『選択集』十六章の内容を要約したもので、「三選の文」また「略選択」などと呼ばれる。なお、三選とは、浄土門を選びとる第一選、正行を選びとる第二選、正定業を選びとる第三選を指していう。(尊号 P.665)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。