操作

如彼名義…

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

にょひみょうぎ…

 「かの名義のごとく、実のごとく修行し相応せんと欲(おも)ふがゆゑに」 (信巻 P.245)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


『論註」で『浄土論』の「長行」を引いて、

称彼如来名、如彼如来光明智相、如彼名義、欲如実修行相応故。
かの如来の名を称するに、かの如来の光明智相のごとく、かの名義のごとく、如実に修行して相応せんと欲するがゆゑなり。(論註 P.103) (信巻 P.214で引文)

とされる「如彼名義、欲如実修行相応故」の行信をあらわす文。

如実修行相応