操作

宗教

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しゅう-きょう

 宗と教え、また、宗の教えの意で仏教のもろもろの教え、あるいはその中の一つを指していう。明治時代以降はレリジョン(religion)の訳語として、仏教やキリスト教などを包括的に示す意が一般的となった。 →  →  (浄土真宗辞典)

参照WEB版浄土宗大辞典の「宗教」の項目