操作

広門示現相

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

こうもん-じげんそう

 浄土正定聚の菩薩は滅度の果を得た上で内に仏の悟りを開いていながら、外に菩薩のすがた(相)をあらわしていること。 浄土真宗では、現生での正定聚不退転を説く。この意から経・論・釈で説かれる浄土での正定聚の類は仏果を得た上での広門示現の相であるとする。

正定聚
現生正定聚
剋念して…入る
無住処涅槃