性相

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

しょうそう/しょうぞう

1.性と相。性とは不変平等絶対の本体、相とは変化差別相対の相状。(真巻 P.345)
2.性相学。唯識(ゆいしき)倶舎(くしゃ)の教学のこと。また聖道(しょうどう)諸宗の教学を指す。この場合には「しょうぞう」と読む。(口伝鈔 P.891, 改邪鈔 P.937)


 不変平等絶対の本体 (性) と変化差別相対の相状 (相)。 (選択集 P.1259要集 P.1020)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


(しょう)とは不変平等絶対真実の本体や道理。またそのもの自体。相とは変化差別相対の現象的なすがた、相状。法相宗の解釈では、

① 性はものそれ自体で、相は自体に具わる遍依円の三性(さんしょう)のすがた、
② 性は円成実性の真如(万有の本体)で相は依他起(縁所生)の万法であるとする。

法相宗(唯識宗または倶舎宗をも含む)は諸法の性と相とを研究する学問であるから性相、性相学という。この場合はばあいは「しょうぞう」と読む。 (仏教学辞典より)