出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

せい

 (550-577)中国南北朝時代の北朝の一。550年、高洋(文宣帝)が東魏の孝静(こうせい)帝から帝位を奪って建てた。577年、北周の武帝に滅ぼされた。南朝の斉と区別して北斉といい、また王室が高姓であるため高斉とも呼ばれる。(尊号 P.653)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。