操作

源信

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

げんしん

 (942-1017)比叡山横川(よかわ)恵心院(えしんいん)に住したので恵心僧都(えしんそうず)ともいう。大和(やまと)国(現在の奈良県)当麻(たいま)の生れ。父は卜部(うらべ)正親、母は清原氏。比叡山に登り良源(りょうげん)に師事し、天台教学を究めたが、名声を嫌い横川に隠棲(いんせい)された。

 寛和元年(985)四十四歳の時に『往生要集』三巻を著し、末代の凡夫(ぼんぶ)のために穢土(えど)厭離(えんり)して阿弥陀仏浄土欣求(ごんぐ)すべきことを勧められた。著書は七十余部百五十巻といわれるが、浄土教関係では『往生要集』のほかに『勧心略要集(かんじんりゃくようしゅう)』『阿弥陀経略記』『横川法語』(伝)等がある。七高僧の第六祖。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。