操作

無為涅槃

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むい-ねはん

 生滅変化を超えた常住絶対のさとりの境地。(化巻 P.433)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

無為涅槃 むい-ねはん

有為涅槃に対する語。『涅槃経』には、

如来にすなはち二種の涅槃あり。一つには有為、二つには無為なり。有為涅槃は常楽我浄なし、無為涅槃は常楽我浄あり。(化巻 P.408)

と説かれている。また『法事讃』に、

極楽は無為涅槃の界なり。(法事讃 P.526)

とある。→涅槃 (浄土真宗辞典)

無住処涅槃

参照WEB版浄土宗大辞典の「無為涅槃界」の項目