操作

涅槃

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ねはん

Ⅰ 梵語ニルヴァーナ(nirvāņa)の音写。泥洹(ないおん)とも音写し、滅度(めつど)寂滅(じゃくめつ)と漢訳する。すべての煩悩(ぼんのう)を滅したさとりの境地をいう。仏教の究極的な実践目的である。→滅度(めつど)寂滅(じゃくめつ)。(尊号 P.646, 唯文 P.712)

Ⅱ ここでは入滅(にゅうめつ)の意。 (要集 P.1065要集 P.1085要集 P.1111)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

大般涅槃