操作

無色界

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むしきかい

 三界の一。 物質の世界を超えた純粋に精神的な世界で、その三昧(さんまい)の境地によって四つの領域がある。

  • (くう)()辺処(へんしょ)(空処)。 欲界(よくかい)と色界における物質的な形を離れ、無辺の空を観ずる境地。
  • (しき)()辺処(へんしょ)(識処)。 識 (認識作用) の無限性を観ずる境地。
  • ()(しょ)()(しょ)。 何ものも存在しないと観ずる境地。
  • ()(そう)非非(ひひ)想処(そうしょ)。 想いがあるのではなく、ないのでもないという境地。 三界の中の最頂上で、第一有・有頂天ともいう。 →三界 (さんがい)。
出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。