操作

生死海

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しょうじかい

 生死輪廻が窮まりなく続く迷いの世界を辺際のない、大海に喩えていう。『華厳経』(けごんきょう)に海の十徳を挙げる中の無辺際の義を喩えとした。(信巻 P.229,唯文 P.702, P.712)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

一次第漸深。
二不受死屍。
三餘水入中皆失本名。
四普同一味。
五無量珍寶。
六無能至底。
七廣大無量。
八大身所居。
九潮不過限。
十普受大雨。無有盈溢。