操作

精進

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しょうじん

 【左訓】「このみすすむるなり」(行巻 P.145)

つとめはげむこと。六波羅蜜の一つ。→六波羅蜜

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

しょうじん 精進

 梵語ヴィーリヤ (vīrya) の意訳。毘梨耶(びりや)と音訳する。ひたむきに励むこと。仏道修行につとめ励むこと。また、 つつしむこと。六波羅蜜の一。八正道の一。
後世、 転じて肉類などを食べずに菜食することをもいうようになった。(浄土真宗辞典)