聖光房

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

しょうこうぼう

 (1162-1238)字は弁長(べんちょう)、または弁阿(べんあ)鎮西(ちんぜい)上人にとも称する。浄土宗鎮西派の派祖。九歳で出家得度し、当初天台の学を修め比叡山にも登ったが、三十六歳の時法然上人に帰依して専修念仏の行に入ったといわれ、とくに北九州を中心として念仏を弘めた。著書に『末代念仏授手印(まつだいねんぶつじゅしゅいん)』『徹選択本願念仏集(てつせんじゃくほんがんねんぶつしゅう)』二巻などがある。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


鎮西