操作

鎮西

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ちんぜい

Ⅰ 九州の異名。(口伝鈔 P.887) 

Ⅱ 鎮西流のこと。法然上人門下の聖光房(しょうこうぼう)(1162-1238)弁長(べんちょう)によって伝えられた系統。弁長が郷里の鎮西(九州)で布教したので、この名がある。本願の行である念仏も非本願の諸行も、ともに報土に往生を得るという二類各生説を主張した。 (御文章 P.1132)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

参照WEB版浄土宗大辞典の「一類往生・二類往生」の項目