舌相を出して

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ぜっそうをいだして

 仏の舌は広く長いので広長舌相(三二相の一)といわれる。仏が舌を出すのは教説が真実であることを証明するという意味を持つ。 (行巻 P.168信巻 P.220化巻 P.403)


 仏の説くところが()(もう)でないという(しょう)(じょう)の意を示す。 次頁の 「舌相を舒べて」 もこれに同じ。 (選択集 P.1278散善義 P.462往生礼讃 P.712)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。