操作

菩提

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ぼだい

 梵語ボーディ(bodhi)の音写。智・道・覚と漢訳する。迷いから目覚めたさとりの智慧(ちえ)のこと。菩薩・縁覚(えんがく)声聞(しょうもん)の菩提のうち、とくに菩薩のうる菩提を阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)と名づけ、漢訳して無上正等正覚(むじょうしょうとうしょうがく)・無上菩提などという。(名号 P.729)


 底本 (青蓮院本) には 「菩薩」 とある。 (要集 P.1161)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。