出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

[ぎ]   (386-534)鮮卑族の拓跋珪(たくばつけい)(道武帝)が平城(現在の山西省大同)に遷都して建てた国。494年、洛陽に遷都し、534年、内紛によって東魏、西魏に分裂した。(尊号 P.653)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。