と、仰せ候ひき

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

と、おおせそうらいき

 (法然上人が仰った)と(親鸞聖人がおっしゃった)。(歎異抄 P.833) 


 『歎異抄』の、一条から九条まで語尾に「云云(うんぬん)」とある。云云とは、引用した文や語句のあとを省略するときに、以下略の意で、その末尾に添える語であるが三条にはこの語がない。このことから三条の「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」の法語は、法然聖人がおっしゃった、と御開山がおっしゃったというので「と、おおせそうらいき」とされた。
大正6年に醍醐寺三宝院で発見された『法然上人伝記』、通称、醍醐本の「三心料簡事および御法語」には漢文で、

善人尚以往生 況悪人乎事《口伝有之》 →(三心料簡および御法語)

とあり、三条の冒頭の「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」と同一の法語がある。いわゆる悪人正機説は法然聖人が淵源であった。