まうあふ

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

   あいたてまつる。『一多証文』に「まうあふと申すは、本願力を信ずるなり」とある。(正像 P.608, 一多 P.691, 唯文 P.713))


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。



もう‐あ・う[まうあふ]【参逢・値・遇】(「まいあう」の変化した語)
は、出逢う、その時節に逢う。は、チョクと読むときは真っ直ぐにあたることで、チと読むときは、値(あ)う、あたる、あたいするなどの意でぴったり出値い、いきあたること。はたまたまとも訓ずるように、途中で予期せずに、ひょっこり遇(あ)うの意。
まうあふは、平安時代の用語として、「まいりあう」という参上してお目にかかるという尊敬語が変化した語。古語の「あふ」には、こちらが相手に会うのではなく、相手がこちらにやってきて出くわすの意。尊い方などにお会いする。会わせていただくの意味がある。

噫弘誓強縁、多生叵、真実浄信、億劫叵獲。

ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。

獲行信、遠慶宿縁。

たまたま行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。