三祇百大劫

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

さんぎ-ひゃくだいこう

 菩薩が成仏するまでに経過する長い時間。三阿僧祇劫(さんあそうぎこう)にわたって、六度の行を修め、さらに百劫の間、相好(そうごう)を感得するための福業を修めて成仏するという。阿僧祇は無数と漢訳する。→(こう) (尊号 P.667)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。