九品

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

くぼん


Ⅰ 『観経』に説く九つの階位。阿弥陀仏浄土往生を願う衆生を、修めるべき行法(ぎょうぼう)の程度によって九種に分類したもの。

上品上生(じょうぼんじょうしょう)上品中生(ちゅうしょう)上品下生(げしょう)の三は大乗の善(行福)を修める凡夫、
中品(ちゅうぼん)上生・中品中生は小乗の善(戒福)を修める凡夫、中品下生は世俗的な善(世福)を行う凡夫、
下品(げぼん)上生・下品中生・下品下生の三は罪悪の凡夫とする。

Ⅱ 九品寺流のこと。法然上人門下の覚明房(かくみょうぼう)長西(ちょうさい)(1184-)によって伝えられた系統。長西が洛北九品寺に住したので、この名がある。念仏以外の諸行も本願の行であるとする諸行本願義を主張した。 (御文章P.1132)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。