操作

大乗

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

だいじょう

Ⅰ 大きな乗物。(大経 P.52) 

Ⅱ 大乗経典のこと。(観経 P.92)

 梵語マハーヤーナ(mahāyāna)の漢訳。大きな乗り物という意。教法(きょうぼう)は衆生をさとりに向かわせる乗物であるから乗といい、大乗とは、自らさとりを求めるとともに、広く一切衆生をも救済せんとする自利・利他の菩薩の教えをいう。小乗に対する語。→小乗

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

参照WEB版浄土宗大辞典の「大乗仏教」の項目