操作

招喚

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しょうかん

 浄土へ来たれと招き喚(よ)ぶこと。 (浄文 P.493)

 阿弥陀仏が衆生に、浄土へ来たれと招きよぶこと。発遣の対。 (散善義 P.469)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

本願招喚の勅命

釈迦は往けという、弥陀は来いという。