操作

四向四果

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しこうしか

 部派仏教大衆部仏教における修行の階位で、預流(よる)、預流果、一来(いちらい)、一来果、不還(ふげん)、不還果、阿羅漢(あらかん)、阿羅漢果のことをいう。
「向」とは修行の目標、「果」は到達した境地を示す。向と果の名称が同じ、八種の段階にある人ということで、八輩(はっぱい)ともいう。

預流とは聖者の流れに入ることで、最大7回欲界の人と天の間を生れかわれば悟りを開く位。
一来とは1回人と天の間を往来して悟りに至る位。
不還は欲界には再び還らず色界に上って悟りに至る位。
阿羅漢は今生の終りに悟り涅槃に至り再び三界には生れない位をいう。

八輩