如来二種回向文

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

 本書は、往相回向・還相回向について釈されたものである。初めに、『浄土論』の回向の文を釈して、本願力の回向に往相と還相の二種があることを示し、その往相回向に真実の行・信・証のあることが説かれる。続いて第十七・十八・十一願文が引用されて、行・信・証のそれぞれがこれらの願にもとづいていることが示された後、真実信楽によって正定聚に住する信心正因の意義が明かされる。続いて『如来会』の第十一願文が引用され、等正覚・次如弥勒について釈される。次に『浄土論』の出第五門の文によって、還相回向をあらわし、第二十二願文を引用して、還相がこの願にもとづいていることを明かされる。最後に、自利利他ともに法蔵菩薩の誓願にもとづき、行者のはからいではないと結ばれている。

 浄土真宗の立教開宗の書である『教行信証』は、往相・還相の二回向のなか、往相の四法である教・行・信・証・真仏土を広説されているが、本書は、そのうちの二回向を中心にして阿弥陀仏の救済の構造を略説されたものである。

 なお、本書と『三経往生文類』略本とが統合整理されて、『三経往生文類』広本が成立したとも推察されている。

如来二種回向文

   如来二種回向文


【1】 『無量寿経優婆提舎願生偈』にいはく、「云何回向 不捨一切苦悩衆生 心常作願 回向為首得成就大悲心故」[文]

 この本願力の回向をもつて、如来の回向に二種あり。一つには往相の回向、二つには還相の回向なり。

【2】 往相の回向につきて、真実の行業あり、真実の信心あり、真実の証果あり。

【3】 真実の行業といふは、諸仏称名の悲願(第十七願)にあらはれたり。称名の悲願、『大無量寿経』(上)にのたまはく、「設我得仏 十方世界 無量諸仏 不悉咨嗟 我名者 不取正覚」[文]

【4】 真実信心といふは、念仏往生の悲願(第十八願)にあらはれたり。信楽の悲願、『大経』(上)にのたまはく、「設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法」[文]

【5】 真実証果といふは、必至滅度の悲願(第十一願)にあらはれたり。証果の悲願、『大経』(上)にのたまはく、「設我得仏 国中人天 不住定聚 必至滅度者 不取正覚」[文]

 これらの本誓悲願を、選択本願と申すなり。

【6】 この必至滅度の大願をおこしたまひて、この真実信楽をえたらん人は、すなはち正定聚の位に住せしめんと誓ひたまへり。

 同本異訳の『無量寿如来会』(上)にのたまはく、「若我成仏 国中有情 若不決定 成等正覚 証大涅槃者 不取菩提」[文]

 この悲願は、すなはち真実信楽をえたる人は決定して等正覚にならしめんと誓ひたまへりとなり。等正覚は、すなはち正定聚の位なり。等正覚と申すは、補処の弥勒菩薩とおなじからしめんと誓ひたまへるなり。これらの選択本願は、法蔵菩薩の不思議の弘誓なり。しかれば真実信心の念仏者は、『大経』(下)には「次如弥勒」とのたまへり。これらの大誓願を往相の回向と申すとみえたり。弥勒菩薩とおなじといへりと『龍舒浄土文』にはあらはせり。

【7】 二つに、還相回向といふは、『浄土論』にいはく、「以本願力回向故是名出第五門」と。これはこれ還相の回向なり。

【8】 このこころは、一生補処の大願(第二十二願)にあらはれたり。大慈大悲の誓願は、『大経』(上)にのたまはく、「設我得仏他方仏土諸菩薩衆 来生我国 究竟必至一生補処 除其本願自在所化 為衆生故 被弘誓鎧積累徳本 度脱一切 遊諸仏国修菩薩行 供養十方諸仏如来 開化恒沙無量衆生 使立無上正真之道 超出常倫 諸地之行現前 修習普賢之徳 若不爾者 不取正覚」[文]

 これは如来の還相回向の御ちかひなり。これは他力の還相の回向なれば、自利・利他ともに行者の願楽にあらず、法蔵菩薩の誓願なり。「他力には義なきをもつて義とす」と、大師聖人(源空)は仰せごとありき。よくよくこの選択悲願をこころえたまふべし。

  [正嘉元年丁巳閏三月二十一日これを書写す。]