操作

第十八願

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 至心信楽(ししんしんぎょう)の願。(大経 P.18)

補註17(本願)
七祖-補註7
出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

『大無量寿経』に説かれる四十八願の第十八番目の「至心信楽の願」をいう。衆生(=生きとし生けるもの)を浄土へ往生させて、さとりを得させようと誓う第十八願である。仏教の目的は釈尊と同じさとりを獲ることであり、浄土教の歴史は、この第十八願を基底とし立脚し、さとりをめざす仏教である。
親鸞聖人は、この第十八願に対する「信」を、

この心すなはちこれ念仏往生の願(第十八願)より出でたり。この大願を選択本願と名づく、また本願三心の願と名づく、また至心信楽の願と名づく、また往相信心の願と名づくべきなり。(信巻 P.211)

と、念仏往生の願、選択本願、本願三心の願、至心信楽の願、往相信心の願とされた。『浄土文類聚鈔』には、往相正業の願(浄文 P.480) といい、『浄土和讃』では若不生者のちかひ(浄土 P.561) とも呼ばれておられた。

『大無量寿経』の願文。

原文:

設我得仏(せつが-とくぶつ) 十方衆生(じっぽう-しゅじょう) 至心信楽(ししん-しんぎょう) 欲生我国(よくしょう-がこく) 乃至十念(ないし-じゅうねん)若不生者(にゃくふ-しょうじゃ) 不取正覚(ふしゅ-しょうがく)唯除五逆(ゆいじょ-ごぎゃく )誹謗正法(ひほう-しょうぼう)

訓点:

設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲我国 乃至十念。若不生者 不正覚。唯除五逆誹謗正法

読下し:

たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。 もし生ぜずは、正覚を取らじ。 ただ五逆と誹謗正法とをば除く。

現代語:

わたしが仏になるとき、すべての人々が心から信じて、わたしの国に生れたいと願い、わずか十回でも念仏して、もし生れることができないようなら、わたしは決してさとりを開きません。ただし、五逆の罪を犯したり、仏の教えを(そし)るものだけは除かれます。

意 訳

たとえ私が、仏陀(真実に目覚めたもの)となりえたとしても、もし生きとし生ける全てのものが、ほんとうに(至心)疑いなく(信楽)私の国に生まれる事が出来るとおもうて(欲生我国)、たとえわずか十遍でも私の名を称えながら(乃至十念)生きているものを、もし私の世界に生まれさせる事が出来ない様なら(若不生者)、私は本当に目覚めたものと呼ばれる資格がない(不取正覚)のだ。


インクルード
Dharma wheel

補  註

阿弥陀仏
往生・真実証・浄土
機・衆生
具縛の凡愚・屠沽の下類
業・宿業
正定聚
信の一念・聞
真実教
旃陀羅
大行・真実行
大信・真実信
他力・本願力回向
同朋・同行
女人・根欠・五障三従
方便・隠顕
菩薩
本願
→七祖 補註へ
17本願(ほんがん)

 本願の意味には因本(いんぽん)の願と根本の願の二つがあるといわれている。因本の願とは、因位(いんに)のときにおこされた願いということである。この願いには、それが完成しなければ仏に成らぬという誓いをともなっているので誓願といわれる。

 この因本の願には、総願と別願とがある。総願とは、すべての菩薩(ぼさつ)が共通しておこすものであり、「無辺の衆生(しゅじょう)を救済しようという願い、無数の煩悩を断とうという願い、無尽の法門を知ろうという願い、無上の仏道を成就しようという願い」のいわゆる四弘誓願(しぐぜいがん)として知られている。

 次に別願とは、それぞれの菩薩に特有なものであり、これによってそれぞれの仏の性格が異なってくる。阿弥陀仏が因位のときにおこされた四十八願は、この別願である。『大経(だいきょう)』(上)には、法蔵(ほうぞう)菩薩が()自在(じざい)王仏(おうぶつ)のもとで二百一十億の諸仏の浄土のなかより、粗悪なものを選び捨てて、善妙なものを選び取り四十八願を建立したと説かれてある。

 根本の願いとは、この四十八願は第十八願を根本とし、余の四十七願は第十八願を開いた枝末の願とみることをいう。そこで法然(ほうねん)上人(しょうにん)は、第十八願を本願中の王といい、第十八願の念仏を難劣な諸行を選び捨てて、選びとられた勝易(しょうい)具足(ぐそく)の行であるというので、これを選択(せんじゃく)本願念仏といわれた。

 第十八願には、「たとひわれ仏を得たらんに、十方(じっぽう)の衆生、至心(ししん)信楽(しんぎょう)して、わが国に(しょう)ぜんと(おも)ひて、乃至(ないし)十念せん。もし生ぜずは、正覚(しょうがく)を取らじ。ただ五逆と誹謗(ひほう)正法(しょうぼう)とをば除く」とある。

 親鸞聖人はここに誓われてある(ぎょう)(=十念)、信(=至心信楽欲生)、証(=衆生の往生)、真仏土(=阿弥陀仏の成仏)をそれぞれ、第十七・十八・十一・十二・十三願に配当される。

 この五願は真実五願といわれ、『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の各巻の冒頭にかかげられている。これによって浄土真宗の法門は、総じていえば第十八願、開いていえば真実五願によって成就され回向(えこう)されたものであることを知らしめられたのである。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。