操作

あんじん

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

安心から転送)

安心

 心を一処に安置して不動なこと。

1.善導(ぜんどう)大師は『礼讃(らいさん)』に、起行、作業に対して願生の信心を確立することを安心といわれた。→起行(きぎょう)作業(さごう)
2.その安心の相として至誠心(しじょうしん)深心(じんしん)回向発願心(えこうほつがんしん)の三心を明かされたことから、三心即ち信心のことを安心ともいう。→補註11
3.安心を「やすきこころ」と読み、他力の信心の取りやすく得やすいことを表す意とも解する。
出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

安心

心を一処に安置して不動なこと。安定した心のこと。

Ⅰ 善導が示した安心、起行(きぎょう)、作業(さごう)の一。『礼讃』(往生礼讃 P.654)では、願生の信心を確立することとし、その相を『観経』の至誠心、深心、回向発願心の三心によって示した。
Ⅱ 真実信心の異称、蓮如はこの意で「安心」の語を御文章に多用し、本願寺派ではこの用法が現在まで用いられている。また御文章2帖目第7通では「安心」を「やすきこころ」(御文章 P.1119と読み、他力の信心の取りやすく得やすいことを表す意とする解釈も示している。(浄土真宗辞典)
安心門