持海輪宝

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

じかいりんぽう

 極楽を飾る摩尼宝珠の別名。海のように偉大な徳を有する宝珠。一説には、須弥山(しゅみせん)の頂上にある威華という名の如意宝珠のことで、大海の水をよくたもつからこの名があるという。(大経 P.33, 化巻 P.377, 三経 P.633)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。