操作

かんぎ

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

歓喜から転送)

歓喜

 【左訓】

①「みをよろこばしむ、こころをよろこばしむとなり」(一多 P.684) 
②「身によろこびこころによろこぶなり」(名号 P.729)

かんぎ

 往生を得ることをよろこぶこと。必ず往生できるとよろこぶ心。また歓は身によろこぶことであり、喜は心によろこぶことであるという。

歓喜光 歓喜地 歓喜踊躍

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

ノート:慶喜より転送

 親鸞聖人は、救われたよろこびをあらわすのに「歓喜」という場合と「慶喜」という場合とで意味を変えられていた。どちらも身も心もよろこびに満ち溢れるような状況を表す言葉であるが、「歓喜」を、

将来のよろこび
「歓喜」は、うべきことをえてんずと、さきだちてかねてよろこぶこころなり。(一多 P.684)

といわれるように、まだ実現してはいないが、必ず実現することに決定している事柄を期待をこめてよろこぶ場合の言葉であるといわれるのである。将来(まさにきたるべき)、往生成仏のよろこびを歓喜というのである。したがって浄土に往生して悟りを得しめられることをかねてからよろこぶという未来形の喜びを表すというのであった。
それにひきかえ「慶喜」とか「慶楽」は、

現在のよろこび
「慶」はうべきことをえてのちによろこぶこころなり、楽はたのしむこころなり、これは正定聚の位をうるかたちをあらはすなり。(一多 P.685)

といわれるように、既にわが身の上に実現している事柄をよろこぶ場合に用いられるのであった。慶喜とは、実現しなければならないことが、すでに実現して今も持続している現在形の喜ぶ言葉であるといわれるのである。 (梯實圓和上著『一念多念文意講讃』を参照した)