操作

歓喜地

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

かんぎじ

 菩薩五十二位の修行階位のうちの第四十一位。十地(じゅうじ)の初位(初地)。

 菩薩がこの位に至れば真如をさとるから、再び退転することなく必ず成仏できることが定まり、歓喜が生ずるので歓喜地という。浄土真宗では現生正定聚(げんしょうしょうじょうじゅ)のことをいう。→ 正定聚(しょうじょうじゅ)

 【左訓】「歓喜地は正定聚(しょうじょうじゅ)の位なり。身によろこぶを歓といふ、こころによろこぶを喜といふ。得べきものを得てんずとおもひてよろこぶを歓喜といふ」(異本)(高僧 P.578)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

正定聚
歓喜
第一希有の行
トーク:十住毘婆沙論_(七祖)#入初地品第二
楞伽山
一分…歓喜せん