操作

無余涅槃

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むよねはん

 煩悩を断じ尽しただけでなく、肉体もまた無に帰したさとりの状態のこと。煩悩を断ち切ってなお肉体を残している有余涅槃に対する語。(化巻 P.428)

 完全なさとりの境地。 →涅槃 (要集 P.903)

 ここでは仏の入滅(にゅうめつ)の意。 (要集 P.993)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。