操作

無礙

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むげ 無礙 無碍

 無碍とも書く。無障礙などもという。さまたげがなく自由自在であること。すべての事物が融和して互いにさまたげない円融無礙と、すべての障りを自在に破する自在無礙の二義がある。(浄土真宗辞典)

仏の智慧を無礙智、阿弥陀仏の光明を無礙光(十二光の一)、仏を無礙人、「誓願一仏乗」を無礙道などという。

無礙智
無礙光
無礙人
無礙道
念仏者は…
念仏者は無碍の一道なり
文殊の法はつねにしかなり

9,13,26,48,51,74,131,137,138,149,190,192,199,203,231,232,234,335,343,348,352,362,398,456,483,483,491,507,545,557,561,573,652,662,690,710,730,782,797,836,845,863,875,986,1024,1035,1155