結跏趺坐

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
結跏趺座から転送)
移動先: 案内検索

けっかふざ

 禅定(ぜんじよう)を修める時の姿勢で、両の甲をももの上に置く座法。如来は必ずこの座法によるから、如来座・仏座ともいわれる。(大経 P.5,大経 P.77, 観経 P.106, 三経 P.638, 化巻 P.379, 真要鈔 P.990安楽集 P.267要集 P.957要集 P.1015、 采女。 侍女。 (要集 P.1089)



 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。