顕浄土真実教文類

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

教文類一

     
大無量寿経 真実の教
浄土真宗

       真実の教を顕す 一
       真実の行を顕す 二
       真実の信を顕す 三
       真実の証を顕す 四
       真仏土を顕す  五
       化身土を顕す  六

顕浄土真実教文類 一

真宗大綱

愚禿釈親鸞集

法門を開拓する【真宗大綱】

【1】

 つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり。

経体を指定する

【2】

 それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり。

正しく大意を明かす

この経の大意は、弥陀、誓を超発して、広く法蔵を開きて、凡小を哀れんで選んで功徳の宝を施することを致す。釈迦、世に出興して、道教光闡して、群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲すなり。

宗体を決示する

ここをもつて如来の本願を説きて経の宗致とす、すなはち仏の名号をもつて経のとするなり。

微起 釈尊出世の本意

なにをもつてか出世の大事なりと知ることを得るとならば、

出 文

『大 経』

【3】 『大無量寿経』(上 八)にのたまはく、「〈今日世尊、諸根悦予し、姿色清浄にして光顔巍々とましますこと、あきらかなる鏡の浄き影、表裏に暢るがごとし。威容顕曜にして超絶したまへること無量なり。いまだかつて瞻覩せず、殊妙なること今のごとくましますをば。

ややしかなり。大聖、わが心に念言すらく、今日世尊、奇特の法に住したまへり。今日世雄、仏の所住に住したまへり。今日世眼、導師の行に住したまへり。今日世英、最勝の道に住したまへり。今日天尊、如来の徳を行じたまへり。去・来・現の仏、仏と仏とあひ念じたまへり。いまの仏も諸仏を念じたまふことなきことを得んや。なんがゆゑぞ威神の光、光いまししかる〉と。

ここに世尊、阿難に告げてのたまはく、諸天のなんぢを教へて来して仏に問はしむるや、みづから慧見をもつて威顔を問へるや〉と。阿難、仏にまうさく、〈諸天の来りてわれを教ふるものあることなけん。みづから所見をもつてこの義を問ひたてまつるならくのみ〉と。

 仏ののたまはく、〈善いかな阿難、問へるところはなはだ快し。深き智慧、真妙の弁才を発して、衆生を愍念せんとしてこの慧義を問へり。如来無蓋の大悲をもつて三界を矜哀したまふ。世に出興するゆゑは、道教を光闡して、群萌を拯ひ恵むに真実の利をもつてせんと欲してなり。無量億劫に値ひがたく見たてまつりがたきこと、なほし霊瑞華の時ありて時にいまし出づるがごとし。いま問へるところは饒益するところ多し、一切の諸天・人民を開化す。阿難まさに知るべし、如来の正覚は、その智量りがたくして、導御したまふところ多し。慧見無碍にしてよく遏絶することなし〉」と。{以上}

『如来会』

【4】 『無量寿如来会』()にのたまはく、「阿難、仏にまうしてまうさく、〈世尊、われ如来の光瑞希有なるを見たてまつるがゆゑにこの念を発せり。天等によるにあらず〉と。仏、阿難に告げたまはく、〈善いかな善いかな、なんぢいま快く問へり。よく微妙の弁才を観察して、よく如来に如是の義を問ひたてまつれり。なんぢ一切如来・正等覚および大悲に安住して群生を利益せんがために、優曇華の希有なるがごとくして大士世間に出現したまへり。ゆゑにこの義を問ひたてまつる。またもろもろの有情を哀愍し利楽せんがためのゆゑに、よく如来に如是の義を問ひたてまつれり〉」と。{以上}

『平等覚経』

【5】 『平等覚経』(一)にのたまはく、「仏、阿難に告げたまはく、〈世間に優曇鉢樹あり、ただ実ありて華あることなし。天下に仏まします、いまし華の出づるがごとしならくのみ。世間に仏ましませどもはなはだ値ふことを得ること難し。いまわれ仏になりて天下に出でたり。なんぢ大徳ありて、聡明善心にして、あらかじめ仏意を知る。なんぢ忘れずして仏辺にありて仏に侍へたてまつるなり。なんぢいま問へるところ、よく聴き、あきらかに聴け〉」と。{以上}

師 釈

憬興『述文賛』

【6】 憬興師のいはく(述文賛)、「〈今日世尊住奇特法〉といふは、神通輪によりて現じたまふところの相なり。ただつねに異なるのみにあらず。また等しきものなきがゆゑに。]〈今日世雄住仏所住〉といふは、普等三昧に住して、よく衆魔雄健天を制するがゆゑに。〈今日世眼住導師行〉といふは、[五眼を導師の行と名づく。衆生を引導するに過上なきがゆゑに。]〈今日世英住最勝道〉といふは、[仏、四智に住したまふ。独り秀でたまへること、匹しきことなきがゆゑに。]〈今日天尊行如来徳〉といふは、[すなはち第一義天なり。仏性不空の義をもつてのゆゑに。]〈阿難当知如来正覚〉といふは、[すなはち奇特の法なり。]〈慧見無碍〉といふは、[最勝の道を述するなり。]〈無能遏絶〉といふは、[すなはち如来の徳なり]」と。{以上}

決 示

【7】

 しかればすなはち、これ真実の教を顕す明証なり。まことにこれ、如来興世の正説、奇特最勝の妙典、一乗究竟の極説、速疾円融の金言、十方称讃の誠言、時機純熟の真教なりと、知るべしと。

顕浄土真実教文類 一

 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)