操作

願力不思議

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

がんりきふしぎ

 人間の思慮分別を超えた阿弥陀仏の本願力。→本願力(ほんがんりき)。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

梯實圓和上は、

不可思議とは、「私の行い」としか思えない事柄が、私の行いではなく「如来の行い」であったと信知するところに開ける世界を表現した言葉だったのである。さらにいえば、古人が、
引く足も称ふる口も拝む手も
弥陀願力の不思議なりけり
と讃詠されているが、まさにそれが利他力という言葉が表そうとしていた領域であったといえよう。

と、いわれていた。

観仏本願力…
本願力
不虚作住持功徳
願力不思議
自在神力