操作

たのむ

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 浄土真宗では、阿弥陀如来にむかって「お願いする」「請い求める」という祈願請求(きがんしょうぐ)の意ではなく、阿弥陀如来の本願力を「たのみにする」という依憑(えひょう)(よりたのむ)の意味で、信順帰命の和訓であり、本願の信楽にあたる。親鸞聖人は「よりたのむ」「よりかかる」「本願他力をたのみて、自力をはなれたる、これを唯信といふ」といわれている。(唯文 P.699)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

  • (たの)む」の語源の一つは、田の実(田で獲れる米)であるという(大辞林)、(トーク:たのむ)。たしかに御開山が引文された『涅槃経』には→「命を説きて食とす」(真巻 P.349)という語もあり、生命は食べることによって維持されるものであるから食はタノミである。その意味で田の実である米が自らの存在をゆだねるというタノミ、タノムの語源という説はうなづける。飽食の現代人には理解しがたいのだが10日くらい断食し、体内脂肪を燃焼し尽くして飢餓を経験してみれば食が「タノミ」という事実を領解できるかもである。
  • よりたのむ →行巻六字釈の帰説の説明。
  • 本願他力をたのみて、自力をはなれたる…。 →唯信鈔文意#P--699
  • なお、「たのむ」を漢字で書くときは、必ず(たの)むと書き表して祈願請求の意味である頼むとは書かない。
  • 「弥陀仏の御ちかひの、もとより行者のはからひにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまひて迎へんと、はからはせたまひたるによりて、行者のよからんとも、あしからんともおもはぬを、自然とは申すぞとききて候ふ」(御消息(14))、(正像 P.621)、(『獲得名号自然法爾』)

たすけたまへとおもへば

Tanomu.jpg