三信

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

さんしん

Ⅰ 『大経』第十八願文に、衆生往生(しゅじょうおうじょう)の因として誓った至心(ししん)信楽(しんぎょう)欲生(よくしょう)を三信という。三心ともいう。

Ⅱ 『論註』や『安楽集』であらわされた信心の三相で不淳(ふじゅん)不一(ふいつ)不相続(ふそうぞく)三不信(さんぷさんしん)に対する。。(二門 P.549)

淳心(じゅんしん)。淳厚、淳朴でかざりけのない心。信心の純朴さをあらわす。
一心(いっしん)決定(けつじょう)して疑いのない心。
相続心(そうぞくしん)。自力の思いを(まじ)えず、ただ阿弥陀仏の救いを念ずる信が相続すること。

 【左訓】「本願の信心をいふなり」(異本)(高僧 P.592)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。