操作

欲生

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

よくしょう

 阿弥陀仏の浄土に生れようと願う心。
Ⅰ 『大経』第十八願三心の一。他力の欲生心。阿弥陀仏が衆生をまねきよぶ心であり、衆生のかならず浄土往生できると思う心である。→三心

Ⅱ 第十九(じゅうく)願、第二十願の欲生。自分の修めた諸善行(しょぜんぎょう)功徳(くどく)により往生を願う自力の欲生心。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

四十八願中、衆生の往生の為に設けられた三願の三心。それぞれ三心の中間の信楽、発願、回向によって至心と欲生の意味が変わる →六三法門

  1. 第十八願の三心 至心、信楽、欲生
  2. 第十九願の三心 至心、発願、欲生
  3. 第二十願の三心 至心、回向、欲生