至心

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ししん

 まことの心。真実心。

1.『大経』第十八願の三心の一。阿弥陀仏の衆生を救済せんとする真実心。→三心(さんしん)。

2..『大経』第十九(じゅうく)願・第二十願の至心。自力の真実心。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


往生の因願には三願がある。

  • 第十八願 至心 信楽 欲生我国
  • 第十九願 至心 発願 欲生我国
  • 第二〇願 至心 回向 欲生我国

この三願は、至心と欲生我国は共通だが、中間の信楽、発願、回向に依ってそれぞれ至心の意味が異なる。第十八願では衆生を済度しようという阿弥陀仏の至心(至徳の尊号が体)を信楽(受容する)という意味。第十九願、第二〇願の立場は、自らに先行する本願力回向の救済を否定し自らが発願・回向するので自力という。

機無・円成・回施・成一