三恒河沙の諸仏

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

さんごうがしゃのしょぶつ

 恒河沙を三倍したほどの数の諸仏。『安楽集』(上)所引の『涅槃経』の文(註釈版聖典七祖篇187頁11行以下)によっていう。(正像 P.603, 唯文 P.713)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。



現在、法を聞解できるのは、三恒河沙の諸仏の元でお育てを受けた為であるというのが『安楽集』の意である。『唯信鈔文意』では、

「おほよそ過去久遠に三恒河沙の諸仏の世に出でたまひしみもとにして、自力の菩提心をおこしき。恒沙の善根を修せしによりて、いま願力にまうあふことを得たり。他力の三信心をえたらんひとは、ゆめゆめ余の善根をそしり、余の仏聖をいやしうすることなかれとなり。」

と、自力の菩提心のお育てを感佩しておられる。しかし、ご和讃では、『唯信鈔文意』と少しく違い、そのような長い間、煩悩具足の凡夫として流転したのは自力であったからだとし、すみやかに本願である阿弥陀如来の菩提心に依るべきだとされている。 つまり、それほどの時間がかかったということは、自力に囚われて選択本願念仏の教えを聞かず、雑行を修し自力に固執していたからであるとされる。

三恒河沙の諸仏の
 出世のみもとにありしとき
 大菩提心おこせども
 自力かなはで流転せり

『涅槃経』の三恒河沙の部分の私訳。ノートに漢文あり。

若有衆生於三恒河沙等佛所發菩提心。然後乃能於惡世中不謗是法。受持讀誦書寫經卷雖爲他説未解深義。

もし衆生、三恒河沙等の佛の所において、菩提心を發すこと有れば、しかして後にすなわちよく惡世中において、この法を謗ぜず、經卷を受持し讀誦し書寫して、他のために説くといへども、いまだ深義を解せず。

三恒河沙等の数の仏の所(みもと)で菩提心を発して修行してきても、なお仏法の奥深い義理は解からないということ。一恒河沙や二恒河沙等では、正解し信楽し受持し読誦しても、他の人のために説くは出来ないとされている。