如来

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

にょらい

 釈尊。(正像 P.613)

 梵語タターガタ(tathāgata)の漢訳。真如(真理)より現れ来った者、あるいは真如をさとられた者の意で、仏のこと。十種の称号がある(如来の十号)。

応供(おうぐ)。供養を受けるに値する者。
等正覚(とうしょうがく)。平等の真理をさとった者。
明行足(みょうぎょうそく)。智慧と行とが共に完全な者。
善逝(ぜんぜい)。迷界をよく超え出て再び迷いに還らない者。
世間解(せけんげ)。世間・出世間のことをすべて知る者。
無上士(むじょうし)。最上最高の者。
調御丈夫(じょうごじょうぶ)。衆生を調伏・制御してさとりに導く者。
天人師(てんにんし)。神々と人間の師。
⑨仏。覚れる者。
⑩世尊。世間で最も尊い方。

この十号は、如来を入れると十一号になる。それを合わせて十号と呼ぶ数え方に諸説がある。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


wdm:にょらいwdm:じゅうごう

如来と如去が同時に訳されるのは、

tathaa-gata 如実に達せし人
tathaa-aagata 如実に来格せし人

との二種類の読み方のためである。 「如来」の語で、三世諸仏の道を成じた仏をいう。一切衆生を救済する願のために娑婆世界に出世した仏であるから。

多陀阿伽陀(ただあがだ)とはtathāgata(タタ-ガタ)の音写。法の相の如く解して、法の相の如く説く。諸仏の如きは、安穏の道より来る。仏はまたかくの如くに来る。さらに去りて後の有の中に至らず。この故に多陀阿伽陀と名づく。 「復有異名。名多陀阿伽陀等。云何名多陀阿伽陀。如法相解如法相説。如諸佛安隱道來。佛亦如是來更不去後有中。是故名多陀阿伽陀。」 (智度論)