本願招喚の勅命

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ほんがんしょうかんのちょくめい

 衆生に帰せよと命じる如来のよび声。(行巻 P.170)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


勅命

ちょくめい

 天皇の命令。勅諚(ちょくじょう)。みことのり、のこと。 綸言(りんげん)汗の如しと言われるように天皇が発した言葉は取り消したり訂正できないという意から、如来の教命のことを本願招喚の勅命という。

  • 「綸言汗の如しと」は、汗は一度出たら戻すことができないように、君主が一度口にしたことは取り消すことがないという意。『漢書』に、
言号令如汗,汗出而不反者也。
号令は汗の如し、汗は出でて反(かえ)らざるものなり。

とある。