操作

真仮

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しんけ 真仮

Ⅰ 真実方便(権化方便)のこと。権実と同義に用いる。「真仏土巻」には「真仮を知らざるによりて、如来広大の恩徳を迷失す」(註 373)、『浄土和讃』には「権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ」(註 569) 等とある。

Ⅱ 真観仮観のこと。 (浄土真宗辞典)