操作

讃嘆

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

さんだん

 Ⅰ 仏徳(ぶっとく)をほめたたえること。五念門の一。→五念門(ごねんもん)。

 Ⅱ ここでは、法話、法談の意。(御文章 P.1117, P.1157, P.1163,一代記 P.1236,P.1293

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

讃歎ともいう。仏の徳をほめたたえること。

『大智度論』には、

讃歎者。美其功徳爲讃。讃之不足又稱揚之故言歎。
讃歎とはその功徳を美(ほ)むるを讃となし、これを讃じて足らずして、またこれを称揚するが故に歎という。大智度論

とある。天親菩薩の『浄土論』には、五念門の一つに「讃嘆門」をあげ、善導大師は五正行の一に讃嘆供養をあげている。浄土真宗では、この五正行中の称名を浄土に生まれる正定業とする。
御開山は『尊号真像銘文』で、

「称仏六字」といふは、南無阿弥陀仏の六字をとなふるとなり。「即嘆仏」といふは、すなはち南無阿弥陀仏をとなふるは仏をほめたてまつるになるとなり。また「即懺悔」といふは、南無阿弥陀仏をとなふるは、すなはち無始よりこのかたの罪業を懺悔するになると申すなり。(尊号 P.655)

と、南無阿弥陀仏を称えることは阿弥陀仏を讃嘆(ほめたてまつるになる)であるとされておられる。

称名